蒲サと竹輪の歴史
海からの贈り物
 
 愛知県南部、渥美半島と知多半島に抱かれた風光明媚な三河湾、湾内には竹島・うさぎ島など大小さまざまな島が点在し、潮干狩りや海水浴に、また自然との触れあいを求めて毎年数多くの観光客が訪れています。

 この三河湾は海の幸にも恵まれ、その中央部に位置する西浦は昔から漁業が盛んで水産加工業が栄えてきました。中でも竹輪・蒲鉾などの製造は江戸時代末期に豊橋で始まったといわれ、昭和21年頃から当地でも作られるようになりました。 ニギス・エゾなど、竹輪・蒲鉾に適した魚が多く水揚げされる事もあって、当地方の代表的な地場産業の一つとなっています

 当社は恵まれた立地条件を生かし、日本人が古くから慣れ親しんできた心の味ともいえる練製品を、海からの贈り物として造り続けています。
 
豊富な海の幸
 
 以前は、底曳もののグチや近海魚の身を取って竹輪・蒲鉾などの原料にしていましたが、昭和30年代の後半ごろに、ベーリング海などの北洋で獲れるスケソウダラの冷凍すり身が開発されました。
 スケソウダラは、非常に繁殖の良い魚で資源的にも豊富であり、肉質が良く、身もきれいで弾力にすぐれ、竹輪・蒲鉾などの原料魚として最適な魚ではありますが、一つの欠点として味が淡泊なため、 スケソウダラだけの製品はどうしても化学調味料に頼った味付けになりがちです。

 現在では、殆どのメーカーの製品は、このスケソウダラの冷凍すり身のみを主原料として製造されていますが蒲サの竹輪・蒲鉾は、スケソウダラに加えて、当地で良く水揚げされる、肉質、味、栄養価共に優れた、ニギス、エソ、ハモなど近海の魚を混ぜて製造されますので、魚の本来持っている自然の旨味がかもし出され、美味しくて栄養価の高い製品となっております。

 
蒲郡の漁業
荷捌き市場
晩市
漁港は、海のまち蒲郡の伝統的な産業。三谷、形原、知柄(西浦)漁港の3漁港と三谷、形原、西浦の3市場を抱え、県下でも有数な漁船漁業基地を形成しています。形原、西浦地区では、県下唯一の漁法、沖合底曳網漁が行われています。3地区の年間取扱量は約8千トンにもなります。
 

ねりもの製品の特徴を活かし、市場に出荷出来ない鮮魚(形が小さい・漁獲超過の魚など)を一手に買い取り、生すり身を生産する事で地元の漁港の安定に貢献しております。

 
各地区とも最近では「朝市」や「晩市」が開かれ、新しい観光スポットにもなっています。
また、竹島地区では良質なあさりが採れ、潮干狩りシーズンには浜が埋め尽くされるほど多くの人が楽しんでいます。
 
お問い合わせ office@gamasa.co.jp